脳梗塞が起きる原因を知ろう~ドロドロ血液は危険がイッパイ~

老人

特徴と注意点

脳

脳梗塞は脳の血管が詰まったり、血液の流れが悪くなることが原因で、脳に血液がいきわたらなくなり、血液がいかなかった部分の脳が壊死してしまう病気で、何の前触れもなく突然発症してしまうとても恐ろしい病気です。脳梗塞の主な症状としては突然手足がしびれ、意識がもうろうとし、言葉もうまくしゃべれなくなります。公った症状が現れたらとにかく1秒でも早く病院へ行き、原因である血栓などを取り除くことが大切になります。一度壊死してしまうとその部分はもう二度と元に戻ることはありません。壊死してしまった部分をいかに少なくするかという事が治療後の障害を少しでも少なくすることにおいてもとても大切なのです。数時間以内に治療で着れば大体障害は残らずに治るといわれています。

脳梗塞は先ほども書いた通りに脳の中の血管が詰まることで起こってしまう病気です。つまり、この欠陥が詰まるという原因を起こらないようにすれば脳梗塞は防ぐことが可能というわけです。脳梗塞は自分たちの努力で起こる可能性をとても少なくすることができる病気です。原因の大きな要因としては血液がドロソロになって動脈硬化を起こしてしまうことが挙げられます。この動脈硬化を防ぐには日頃の食生活の改善がとても大切です。血液をサラサラにしてくれる物質としてよく挙げられるのはさばなどの青魚に含まれるDHAが挙げられます。ほかにも玉ねぎは血液をサラサラにしてくれる食べ物としてとても有名です。跡はお酒を過度に摂りすぎないことなどが挙げられます。

食生活の改善による予防を

女性

脳梗塞は脳の血管が詰まったり狭くなったりして脳の細胞が壊死することにより、手足が麻痺したり、意識を失ったりする病気です。発症すればすぐに病院に運んで治療を受ける必要があります。また、魚など血液の状態を改善する食品を摂取して、脳梗塞の予防に心がけることが大切です。

予防することが大切です

脳

脳梗塞には日々の生活習慣が深く関係していると言われています。例えば、運動をせずに不規則な食生活から肥満となり高脂血症になると、動脈硬化になりやすくなるのです。動脈硬化は脳梗塞の大きな原因ですから、日常生活を見直して早い段階から動脈硬化にならないよう心がける必要があるのです。

得ておきたい大事な知識

老人

脳梗塞は重い後遺症が残ったり、死んでしまうこともある病気ですが、発症後、4時間半以内に治療を受ければ、回復する場合もあります。ですから、発症したら、すぐに医療機関に向かう必要があります。そのためには、脳梗塞の症状を知っておくべきです。発症リスクが低い人でも知っておけば、脳梗塞患者の役に立ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 脳梗塞が起きる原因を知ろう~ドロドロ血液は危険がイッパイ~ All Rights Reserved.