脳梗塞が起きる原因を知ろう~ドロドロ血液は危険がイッパイ~

医者

予防することが大切です

後遺症が残ります

脳

毎年脳梗塞を起こして死亡する人は多く、運良く死亡しなかったとしてもほとんどのケースで後遺症が残ります。そして、下半身不随等の麻痺を起こすと自分で歩くこともままならないのです。それでは、どうして脳梗塞が起こるのでしょうか。それには日々の生活習慣が深く関係していると言われています。例えば、運動をほとんどせずに、毎日不規則な食生活をおくっていると肥満となり、高脂血症になってしまいます。高脂血症とは、血液中のコレステロール値が高い状態で、コレステロール値が高いと動脈硬化になるリスクが上がるのです。そして、動脈硬化になると血管に血栓ができやすくなり、剥がれた血栓が脳の動脈に詰まると脳梗塞を引き起こすのです。

痩せることが必要です

特に、悪玉コレステロールが高いと動脈硬化を引き起こしやすいとされてきましたが、最近では悪玉コレステロールが酸化すると、動脈硬化になるリスクがさらに上がることが分かってきたのです。要するに、体内に多くの活性酸素が発生すると脳梗塞になる危険度が増すのです。活性酸素は、ストレスや喫煙等で上昇しますから、肥満気味でストレスが多い人やタバコを吸う人は特に注意が必要なのです。麻痺が残ったとしてもリハビリである程度の回復は見込めますが、脳梗塞を起こして死んでしまってからでは遅いのです。ですから、日常生活を見直して早い段階から動脈硬化にならないよう心がける必要があるのです。要するに、脳梗塞は予防することが大切なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 脳梗塞が起きる原因を知ろう~ドロドロ血液は危険がイッパイ~ All Rights Reserved.